吉祥寺のサブカルチャー

【俳優・作家等】吉祥寺に住んでいる・縁の深い芸能人をご紹介

都心へのアクセスも良くベッドタウンとしても知られる吉祥寺。

近年では「キラリナ」「コピス」など更に商業施設が充実し、吉祥寺自体が東京23区外の中でも有数の繁華街として存在感を強め、「住みたい街ランキング」では常に上位です。

そうした魅力的な街だからか、昔から芸能人が多く住む街としても知られており、地元ではタレントさんや芸人さん、作家さん、政治家、俳優・女優さんなどの目撃情報も絶えません。

今回は、吉祥寺に住んでいる芸能人や作家、吉祥寺にゆかりの深い有名人をご紹介します。

芸能人行きつけのお店も併せて紹介しますので、ぜひこの記事を参考に訪れてみてください。

 

吉祥寺在住の芸能人・タレント・作家等

昔から、吉祥寺は芸能人の目撃情報が多い街です。

吉祥寺はドラマの舞台になったり、映画や街歩き系のロケも多いのでそうした目撃情報が相対的に多い街ではあるのですが、ここでいう目撃情報とは、「プライベートの芸能人」の目撃情報のことです。

東京都内に住んでいてもプライベートの芸能人を見かけたことがあるということは意外とないものですが、吉祥寺に長く住んでいれば、一度は芸能人・有名人を目撃したことがあるという方も少なくないはず。

現在も吉祥寺に在住していて、プライベートでの目撃情報が多いことでも知られる「有名人」といえば、何人か心当たりがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

世間に広く知られている代表的なところでは、漫画家の楳図かずおさんが挙げられるでしょう。

楳図かずおさんは、『まことちゃん』『漂流教室』など有名漫画を多数描き、ホラーやスリラー、SF、ギャグなど幅広い作品がありますが、一般的には「ホラー漫画の第一人者」として知られています。

『まことちゃん』でのアートワークにも用いられている赤白のストライプ模様が大のお気に入りで、私服にはほぼ必ず赤白ストライプのものを身に着けていることでも有名です。

吉祥寺駅南口から徒歩圏内にある自宅兼仕事場(通称「まことちゃんハウス」)の壁も、赤白のストライプにしているほど。

赤白ストライプ模様は今や楳図かずお氏の象徴として一般に知れ渡っており、私服も赤白ストライプで非常に目立つことから、吉祥寺での目撃情報が圧倒的に多いのです。

おそらく、目撃された回数で言えば、現在吉祥寺に在住の芸能人・有名人の中では屈指のレベルではないでしょうか。

ちなみに、楳図かずお氏はごくまれにではありますが青白ストライプのシャツで街に繰り出すことがあるそうで(しかし4年間で2回とかなり少ない様子)青白ストライプの楳図かずお氏は「青楳図」と呼ばれ「見かけると幸せになれる」なんていう勝手な言い伝えまで生まれています。

その他、現在吉祥寺に在住していることで知られている芸能人には、女性芸人コンビ「ハリセンボン」の箕輪はるかさん、俳優の佐野史郎さん、『ドカベン』で知られる漫画家の水島新司さん、『シティーハンター』の北条司さんなどいると言われています。

吉祥寺の政治家として知られ総理大臣経験のある菅直人さんは、確かに吉祥寺近くにはお住まいですが、どちらかといえばご自宅は三鷹寄りです。

 

吉祥寺で青春時代を吉祥寺で過ごした芸能人

国民的ともいえる俳優や女優、アイドルには、吉祥寺で青春時代を過ごしたという人も少なくありません。

それは、吉祥寺には芸能人の出身者が多いことでも知られる高校「明星学園」があるからです。

明星学園は大正13年5月に開校した私立学校で、長い歴史があるのですが、非常に自由な校風で知られており制服もありません。

小中学校は井の頭公園を越えた先の住宅街、吉祥寺通りから井の頭公園通りに折れ、2~3分歩いた先にあり、高校もすぐ近くです。

明星学園高等学校は玉川上水に面しており、その昔玉川上水に入水自殺した文豪・太宰治は、今も残る高校前の橋で発見され、明星学園の教職員が引き上げたと言われています。

そんな明星学園の出身者で最もよく知られ、吉祥寺と結びつけて語られる俳優が小栗旬さんではないでしょうか。

小栗旬さんは高校時代を吉祥寺の明星学園高等学校で過ごし、たびたびテレビ等でも吉祥寺とゆかりの深い芸能人として紹介されていますし、明確なソースは見つかりませんでしたが今も吉祥寺在住の芸能人としても知られているようです。

吉祥寺でのロケに出演することも多く、吉祥寺を「地元」として愛している様子が伝わってきます。

また妻であり女優の山田優さんと一緒にビールを飲みながら歩く姿も目撃されていて、今も吉祥寺に住んでいるという情報も間違いないものなのかもしれません。

同じ明星学園出身者としてよく知られているのはやはり芸能人が多く、女優の宮崎あおいさんや、歌手・女優の土屋アンナさん、俳優の中村獅童さん、女優の岩下志麻さんなどそうそうたる顔ぶれです。

ちなみに、国民的アイドルグループ「嵐」の大野智さんと、もはや国民的女優と言っていいであろう石原さとみさんは、実は地元が近い幼馴染同士で、その地元が吉祥寺に比較的近いので、吉祥寺でもたびたび目撃されています。

 

吉祥寺に住んでいた芸能人・作家・有名人

次に、過去に吉祥寺に住んでいた有名人をご紹介しましょう。

過去に住んでいたが引っ越したというだけではなく、既に亡くなられた方も含みます。

過去に住んでいたが引っ越した方で有名なのは、お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんで、下積み時代に住んでいて今でも吉祥寺時代のエピソードに事欠かないのだそうです。

既に亡くなられた方で有名なのは、『自衛隊に入ろう』『値上げ』などで知られる伝説的フォークシンガーの高田渡さん(2005年没)。

近所のギャラリーや飲み屋などによく出入りし、街の人に愛されていた高田渡さんですが、音楽アルバムの写真を吉祥寺の写真館で撮るなど、とにかく吉祥寺への愛が深い方だったそうです。

息子の高田漣さんもマルチ弦楽器奏者として音楽活動をしており、高田渡さん没後10周年にあたる2015年4月には、高田渡さんも愛した吉祥寺の焼き鳥の名店「いせや 総本店」でのトリビュートライブを息子さん自ら行いました。

そして、名探偵・金田一耕助シリーズを生み出した作家の横溝正史さんも2軒の吉祥寺の借家に住んでいた時期があり、特に初期の金田一耕助シリーズには吉祥寺の、特に成蹊学園周辺を舞台にした作品が多くあります。

1軒目の借家の所在地は不明となっており、2軒目の借家は吉祥寺本町4丁目付近で、お向かいさんはマルクス経済学の権威として知られる一橋大学の教授・大塚金之助さんの豪邸があったようですが、今では借家も大塚金之助さんの邸宅も無くなっています。

古くは文豪・太宰治も吉祥寺の隣である三鷹に居を構えていたことで知られ、『ヴィヨンの妻』や『黄村先生言行録』などで吉祥寺を舞台にしています。

きしくも太宰は晩年、三鷹と吉祥寺を流れる玉川上水で愛人と入水自殺をし、先ほども触れた通り明星学園高校前の橋で発見されました。

 

芸能人行きつけの吉祥寺のお店

以上のように色々な芸能人・有名人が吉祥寺と浅からぬ縁を持っていることがわかりました。

吉祥寺を出て行った人も当然多いのでしょうが、それでもやはり頻繁に伝え聞くのは、吉祥寺に終生暮らし骨を埋めたという人の話が多いですよね。

もしかしたら吉祥寺という街には、一度住むとここを終生の地としたくなる魅力があるのかもしれません。

そんな吉祥寺には芸能人・有名人行きつけのお店もたくさんあります。

例えば先ほども少し触れた吉祥寺通り沿いにある「いせや 総本店」は、フォークシンガーの高田渡さんが長年愛し、息子の高田漣さんも幼いころから連れて行かれていたそうです。

吉祥寺の南口、七井橋通り沿いには喫茶の老舗「武蔵野珈琲店」がありますが、ここは吉祥寺を舞台にした小説『火花』の作者でありお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんが行きつけとしているお店で、実際に小説やドラマにも登場しています。

元町通り沿いにある「李朝園」は吉祥寺で長年営業している焼き肉店ですが、こちらは吉祥寺に詳しい小栗旬さんが行きつけで、小さい頃から家族とよく訪れていたのだそう。

そして、2016年に放映された「火曜サプライズ」という番組内で、俳優のウエンツ瑛士さんと一緒にロケに訪れた場所でもあります。

同ロケでは、パープル通り入り口から井の頭通りを挟んで向かいにある定食屋「階段ノ上ノ食堂」にも訪れ、海鮮丼を食していた小栗さん。

吉祥寺南口のマルイの脇、パープル通りを入って路上の簡易駐輪場を抜けたあたりを左に曲がるとある、本場ナポリの味・価格・スタイルで本格ピッツァを提供するお店「ピッツェリアGG」にも訪れています。

ピッツェリアGGは筆者も何度か訪れたことがありますが、お店はコンパクトながらピザはとても大きく、焼きたてのピザにこだわりのワインがすごく合う名店ですので、是非訪れてみて下さい。

 

  • 店名:いせや 総本店
  • 住所:〒180-0005 東京都武蔵野市御殿山1-2-1
  • 営業時間:11:00-20:00(※アルコール類の提供中止 緊急事態宣言下の営業時間)

 

  • 店名:武蔵野珈琲店
  • 住所:〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目16−11 荻上ビル
  • 営業時間:11:00-20:00(緊急事態宣言下の営業時間)

 

  • 店名:李朝園
  • 住所:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-3 コスモビル 4F
  • 営業時間: 12:00-21:30(緊急事態宣言下では変更の可能性あり)

 

  • 店名:階段ノ上ノ食堂
  • 住所:〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目2-7 2F
  • 営業時間:11:30-14:30/18:00-20:00(蔓延防止等重点措置期間中の営業時間)

 

  • 店名:ピッツェリアGG
  • 住所:〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-17-1 プレジール B1F
  • 営業時間:平日 11:30-15:00/18:00-22:00 土日祝日 11:30-21:50(緊急事態宣言下では変更の可能性あり)

まとめ

吉祥寺はこのように色々な芸能人や有名人とゆかりの深い街であり、サブカルチャーをはじめとしたさまざまな文化の発信地ということもあって、エピソードや魅力に事欠かない街として色々な年代の人に愛されています。

東京の繁華街の多くは特定の購買層や年齢層に偏って点在する傾向にありますから、このように幅広い年代の人に変わらず愛され続ける町は東京でも珍しいでしょう。

人気商売である芸能人や作家という職業の人が多く集まるのも、そうした街の魅力があってこそなのかもしれません。

現在は再び緊急事態宣言&蔓延防止等重点措置下にあり、残念ながらあまり吉祥寺に行けないという方も多いでしょう。

しかし、無事に宣言が明け、感染症拡大がある程度落ち着いた際には、吉祥寺に足を運んで芸能人ゆかりのスポットやお店を目当てに散策してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

  1. 吉祥寺を舞台にした小説4選!聖地巡礼を楽しもう!
  2. たくさんのレコードが重なっている 吉祥寺でおすすめのレコードショップ5選!選ぶ際の注意点やマナーも…
  3. 【行ってみた】1日15作品超を上映するUPLINK吉祥寺|吉祥寺…
  4. 【聖地巡礼】吉祥寺が舞台のアニメ作品4選と実際の写真をご紹介!
  5. 漫画 吉祥寺を舞台にしたマンガ7選を紹介!
  6. 吉祥寺と音楽 吉祥寺を舞台にした歌をご紹介!音楽と吉祥寺のつながりも解説
  7. 吉祥寺と音楽 【聖地巡礼】吉祥寺を舞台にした2つの名作ドラマのロケ地を巡ってみ…
  8. 【行ってみた】吉祥寺駅東口からわずか徒歩1分!吉祥寺オデヲンの魅…

新着記事

  1. 【吉祥寺で買い物】カラダの喜ぶスーパーBIO-RAL STYLE(ビオラル)に行ってみた
  2. 吉祥寺の古着屋Orfeo(オルフェオ)で秋冬アイテムを探す!メンズ・レディースどちらも可!
  3. 吉祥寺のレストラン芙蓉亭の跡地にできた『ムレスナティー』で上質な紅茶を味わう
PAGE TOP