【吉祥寺でカレー】 スパイスカレーを味わえるcafe&books bibliothequeで夜ごはん

暑い夏に食べたくなるものと言えば、カレー!

筆者もカレーが好きで、吉祥寺の美味しいカレー屋さんを見つけたり、リピートしたくなるお店を探しています。

そこで、今回はこの夏にぜひ味わって欲しいスパイスカレーを頂くことができるcafe&books bibliotheque(カフェ&ブックスビブリオテーク)を紹介します。

駅ナカのアトレ吉祥寺にあり、アクセスも良く、美味しいカレーを堪能できます。

目次

cafe&books bibliothequeについて

採れたて野菜のカフェメニュー

ビブリオテークではむさしののとれたて野菜、ハーブ、果物が使用された季節を感じらるデリ。

パティシエがこだわりを持って作る、ふっくら・もちもちの焼きたてパンケーキが人気のカフェ。

旬の味の美味しさで日常を彩り、美しい一皿で目からも楽しめるカフェです。

充実したメニューで、おうちでのカフェ時間を楽しむことができる、テイクアウト用のデリボックスやパンケーキもあります。

充実スイーツメニュー

ビブリオテークは、季節の果物を使った、フレッシュなスイーツが豊富なのが特徴。

今の季節は、桃やマンゴーを使ったスイーツがラインナップされています。

ビブリオテーク

画像引用:ビブリオテークHP

数量限定で販売されている桃を丸ごと使った、贅沢なパンケーキ(税込1,870円)

甘くて、ジューシーな岡山県産の白桃を丸々1個。

桃の中には、生クリームで軽やかに仕上げられたカスタードクリームがサンドされています。

隠し味には、練乳も入っているようでコクもある旬なパンケーキ

見た目も味も特別感がありますね。

他にも、ミルフィーユ、タルト、クランブルパイなど桃を使ったデザートが集結しています。

予約もできるので、数量限定でもあるので、気になる方は要チェックです。

テイクアウトもできます

ビブリオテークでは、テイクアウトメニューも充実。

おしゃれなサラダボックス(税込単品1,485円)レモンの香るサーモンソテー、クラムチャウダー、海老の入ったサラダがセットに。

パンケーキなどのスイーツもテイクアウトメニューにあるので、公園でのランチやおうちでにカフェタイムにもおすすめです。

ビブリオテーク×東京スパイスハウス

ここまで、ビブリオテークの甘いものスイーツを中心にお店の魅力を紹介しましたが、今回の本題はスパイスカレー。

限定で東京スパイスハウスとコラボし、スパイス一筋40年の本格スパイスカレーを吉祥寺ビブリオテークで味わうことができます。

東京スパイスハウスについて

東京スパイスハウスは、体にやさしいスパイスを扱う東京中野区にある専門店。

スパイスと言えば、コショウ、カレー粉、唐辛子など辛いものをイメージしますが、それだけではなく健康に深く関わりがあるものが多いのが特徴。

日ごろの食生活に取り入れていきたいスパイスを展開。

オンラインショップでも購入ができ、Instagramではスパイスの使い方など様々な情報が発信されています。

ビブリオテークのメニュー

ビブリオテーク

定番メニュー

  • 7種野菜の赤いミネストローネと海老のサマーサラダ(ドリンク付き税込1,430円)
  • ナスとベーコンのトマトソースパスタ(ドリンク付き税込1,210円)
  • 海老、ズッキーニのトマトクリームパスタ(ドリンク付き税込1,430円)※吉祥寺店限定
  • エッグベネディクトパンケーキメープルシロップ添え(ドリンク付き税込1,430円)
  • ブルーベリーとギリシャヨーグルトムースのパンケーキ(ドリンクセット税込1,854円)

7種の野菜の赤いミネストローネは、じゃがいも、ナス、ズッキーニなどの7種の野菜とベーコンがじっくり煮込まれた旨みたっぷりの一品。

ワンプレートで栄養バランスが取れた満足感のあるプレートになっています。

ブルーベリーとギリシャヨーグルトのパンケーキには、八ヶ岳産のフルーツレモンソースがかけられています。

フレッシュなブルーベリー、クリーミーで濃厚なギリシャヨーグルトムースにさっぱりとしたレモンソースがアクセントになる初夏にぴったりのパンケーキ。

スパイスカレーメニュー

  • あいがけスパイスカレーのミールス(ドリンク付税込1,705円)
  • チキントマトスパイスカレーのミールス(ドリンク付税込1,540円)
  • イエロームングダールのスパイスカレーのミールス(ドリンク付税込1,430円)

チキントマトは、ホールスパイスをふんだんに使い、トマトと香味野菜でじっくりと煮込まれたカレー。

イエロームングダールのスパイスカレーは、デトックス作用のある緑豆(ムングダール)とココナッツミルクでまろやかに仕上げられたスパイスカレー。

あいがけスパイスカレーは、2つのカレーを贅沢にあいがけし、ターメリック、クミン、カイエンペッパー、コリアンダーなどスパイスたっぷりのカレーに相性抜群な自家製デリがトッピングされています。

17時~のお得なセット

ビブリオテークでは、17時からお得なセットが販売されれています。

メインをあいがけスパイスカレー7種野菜の赤いミネストローネと海老のサマーサラダナスとベーコンのトマトソースパスタから選択。

デザート(チーズケーキ、ショコラケーキ、ショートケーキ、パンケーキなど)とドリンク(ティー、オーガニックコーヒー、オレンジジュースなど)の好みなものを選ぶことができます。

ビブリオテークの種類豊富なスイーツも一緒に味わうことができるセットとなっていますね。

東京スパイスハウスとコラボカレーを食べてみた

平日の夜ごはんにビブリオテークへ。

19時半ごろは店内は1人~2人で利用している人が多く、落ち着いていました。

休日はいつも満席で、お店の前で待ちの列もできているほどなので、平日に行ってみるのはおすすめ。

ゆっくりできるソファー席へ。

ビブリオテーク

店内は、2人~4人掛けのテーブル席がメイン。

店内には、雑誌や本が置いてあり、ゆっくりと過ごすことができます。

今回は、東京スパイスハウスとコラボのスパイスカレーのチキントマトスパイスカレーのミールスとアイスジャスミンティーを注文。

お水はセルフサービスとなっていてます。

ビブリオテーク

レモンとオレンジ、ハーブのデトックスウォーター

ハーブの香りがすっきりとしていて、リフレッシュできます。

オーダーしてから10分くらいでカレーが運ばれていきました。

ビブリオテーク

野菜がたっぷり、トマトの酸味とスパイスの相性が抜群。

オクラや紫キャベツ、カリフラワーなどサイドのデリも単体でも美味しいですが、カレーと混ぜ合わせたり、色々な味を楽しむことができるのもスパイスカレーの醍醐味。

ビブリオテーク

また、複数のデリとターメリックライスがワンプレートに盛り付けられていて、鮮やかで素敵な一皿

辛すぎることなく、暑い夏は特にこのスパイシーさを体が求めていますね。

1日の疲れをデトックスしてくれるビブリオテークのスパイスカレーをぜひ味わって夏を感じてみてください。

ビブリオテークのお会計方法

ビブリオテークでは、現金の他、各種クレジットカード(JCB、VISA、mastercard)、交通系ICカードなどが利用が可能となっています。

また、アトレ店内にあるので、JREポイントの付与、ポイント利用が可能となっています。

まとめ

アトレ吉祥寺にあるビブリオテークのスパイスカレーを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

吉祥寺に数多くあるカレー屋さんの中でも、見た目、美味しさにこだわったスパイスカレーを味わうことができる、リピートしたくなるお店の1つです。

吉祥寺駅直結なので、利用しやすく、近場で本格的な美味しいスパイスカレーを食べたい時におすすめ。

吉祥寺でカレーを食べたい時は、ビブリオテークのスパイスカレーをチェックしてみてくださいね。

場所アトレ吉祥寺1階2番街
TEL0422-22-1495
営業時間平日:11:00~21:00
土日祝:9:00~21:00
Instagramhttps://www.instagram.com/bibliotheque_kichijoji/
HPhttp://www.bibliotheque.ne.jp/kichijoji/
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる