特集

吉祥寺バー特集|今宵もまた、Barに癒されています。

日本でのバーは1860年、横浜の外国人居留地に「ヨコハマ・ホテル」が開業したのが始まり。

日本人向けのバーは1911年、銀座のカフェー・プランタンが最初で、それ以降、様々なスタイルに発展しました。

いわゆるバーとして一般的にイメージされるのが、「本物の」という意味のオーセンティックバー。

本格的なバーカウンターがあり、熟練のバーテンダーがもてなしてくれます。

カジュアルな店からこだわりの店まで、バーにも様々あることから、「バーとお寿司屋さんは似ている」といわれることも。

ちなみに海外にはオーセンティックバーというジャンルはなく、日本のオーセンティックバーは世界に誇れる日本独自のバー文化なのです。

吉祥寺にはバーが多くありますが、それは伝説のバーテンダー、佐伯譲二さんがいたことも影響しています。

佐伯さんは数々の名店で働き、1995年に吉祥寺で「George’s Bar」を開店。

2007年に亡くなるまでカウンターに立ち続けました。

吉祥寺ではバー同士の結びつきが強く、お互いに店を行き来し、お客さんに店を紹介し合うそう。

もう一軒行きたいなと思ったら、バーテンダーに聞くのが一番。吉祥寺でバー巡り、楽しんでみませんか?

 

OUT BACK (アウトバック)

1972年にジャズ喫茶としてオープンし、1986年に移転して今のスタイルに。

吹き抜けが開放的な店内にはジャズが流れ、大きな楕円のカウンターに座ると非日常の世界が広がります。

スタイリッシュな大人の空間で極上のひと時を。

吉祥寺本町2-8-1 吉祥寺281ビル地下  ☎0422-21-1548
[営]19:00~2:00[休]日曜

BAR SEEK DOOR(シークドア)

末広通りから入った小道にひっそりと佇むシークドアは1984年に開業した吉祥寺で最古参のバー。

棚にはバカラやルネ・ラリックのアンティークグラスが並び、目が釘付けに。

マスターの篠田さんが優しい雰囲気でもてなしてくれます。
吉祥寺南町2-6-6第2丸昌ビルB1  ☎0422-46-9898
[営]19:00~3:00(金・土曜は~4:00)[休]不定休

BAR REDROSE(レッドローズ)

レッドローズは隠れ家的なバーでありながら、一旦店内に入るとカジュアルな雰囲気を楽しめます。

静寂さを大切にする日本のオーセンティックバーの良さと、海外のバーの陽気さを併せ持つ新しいバーで至高の時間を堪能して。
[営]17:00~5:00[休]日曜・祝日
住所、電話番号非公開

BAR AOTETSU(アオテツ)

吉祥寺駅すぐの立地ながら落ち着いたムーディな店内。

まるでホテルのバーのようですが、かしこまらずに入れるのも魅力です。

日本のプレミアムビール「ガージェリー・スタウト」の取り扱いも。

一人でもデートでも気軽にどうぞ。
吉祥寺南町1-5-11 丸善ビル3F(通路奥にエレベーターあり)
☎0422-48-5776 [営]20:00~3:00[休]水曜・木曜

関連記事

  1. 吉祥寺を支えてきたあの人、あの店主 Vol.2(なぎさや)
  2. 吉祥寺のやきとり特集|抽選であたるプレゼント企画あり!
  3. 歩いてみよう吉祥寺いい道散歩 クックロード
  4. 【Vol.7】吉祥寺ならでは。をつくる 店とそのひと。学校法人 …
  5. 【Vol.11】吉祥寺ならでは。をつくる店とそのひと。株式会社 …
  6. ほっこりおいしい和菓子を愉しむ|吉祥寺の和菓子屋さん特集
  7. 吉祥寺ならでは。 をつくる 店とそのひと。Vo l.17|ホープ…
  8. 吉祥寺ならでは。をつくる 店とそのひと。Vol.16|吉祥寺虎屋…

新着記事

  1. アド街ック天国で放送された吉祥寺特集のお店をすべてご紹介!
  2. 【2022年最新版】吉祥寺で美味しいビールが飲みたい!ビール×サイドメニューが楽しめるお店7選
  3. 吉祥寺のギャラリーイロで初めて開催された作家さんのフリマ“イロ市”へ行ってみた!
PAGE TOP