吉祥寺で暮らす

ムーバス乗り降り攻略ガイド!乗り場やルートを詳しく解説!

ムーバスに乗ったことがありますか?

ムーバスとは武蔵野市内を走る市内循環バスのことです。

武蔵野市内には7路線を運行しているムーバスですが、吉祥寺周辺では、東循環、北西循環、三鷹・吉祥寺循環の3路線が該当します。

ムーバスを使ったことがないという人でも、安心して乗車できるようにムーバスの利用について、詳しく説明していきます。

小さい標識ですが見やすいように工夫されています

吉祥寺駅のムーバスの乗り場はどこにある?

ムーバスのバス停は、幹線バスと同じように駅前のバス停に連なって存在しています。

ムーバスのバス停は、見慣れた幹線バスのバス停に比べ、待つ場所は広くなく、標識自体も小さめなので、最初は少しわかりにくいかもしれません。

しかし標識は1カ所ごとに異なった色と大きな数字で表記され、覚えやすいよう工夫されています。

サンロード入り口にムーバス乗り場があります

吉祥寺駅前のムーバスのバス停は3箇所です。
中央口を出て北口駅前ロータリーの「サンロードの入り口の前」は、3路線が発着する集合地点のバス停です。

井の頭口を出て「丸井前」は三鷹・吉祥寺循環のバス停です。
キラリナ正面入り口を出て「吉祥寺大通り前」は東循環の最後のバス停なので、この次に吉祥寺駅につくため、吉祥寺駅についた時に少し待機時間が発生します。

ここで乗らずにサンロードの入り口側の時間に合わせて乗った方が効率が良いですよ。

ムーバスの到着です

ムーバスはどこを走っている

ムーバスは市内に7路線ある市内循環型のバスです。

ムーバスは、もともと幹線バスばかりだった市内の移動手段に困った、市民からの要望により生まれたバスなので、住宅街を走り市民が街に出やすいようにと考えられています。

狭い道では、車同士がすれ違うことができないような住宅街を入っていくため片道運行なのです。

バス停ごとの間隔は、お年寄りの歩行距離を考慮して200メートル間隔となっています。

 

吉祥寺を走る100円バス『ムーバス』の歴史や名前の由来を解説します!」でムーバスの歴史について詳しく解説しています。

吉祥寺を走る3路線です。

「青の路線」 吉祥寺東循環(1号路線)路線図・時刻表
http://www.city.musashino.lg.jp/kurashi_guide/norimono_chuurin_chuusha/mu_bus/mbus_ki_higashi/1005161.html
「緑の路線」 吉祥寺北西循環(2号路線)路線図・時刻表
http://www.city.musashino.lg.jp/kurashi_guide/norimono_chuurin_chuusha/mu_bus/mbus_ki_hokusei/1005185.html
「赤の路線」 三鷹・吉祥寺循環(6号路線)路線図・時刻表
http://www.city.musashino.lg.jp/kurashi_guide/norimono_chuurin_chuusha/mu_bus/mbus_mi_ki/1005315.html

ムーバスの料金は誰でも100円

ムーバスは1回100円(未就学児は無料)で乗れます。

支払い方法は、バスの前扉側から乗車してお金を払います。

現金だけでなく、PASMO(パスモ)・Suica(スイカ)などの交通系ICカードも使えます。

注意点としては、シルバーパスやバス共通カード、定期券は使えません。

現金かICカードか回数券でのお支払いです

支払機の横に回数券入れがあります!!

ムーバスで効率良く移動するためには

ムーバスは、街にでにくいお年寄りや、市民が街へ出かけやすくするために路線を考慮されたバスですので、住宅街の中を走っていくことが肝要でした。

そのため復路はないので、行きと同じ路線で帰るとなると大回りになってしまう場合があります。
その場合にはどうするかというと、自宅近くに他の循環のムーバスが走っていないか調べておくのが良いですよ。

例えば、上記のこの路線図を見ながら説明してみます。
自宅の近くから走っているムーバスが「第一小学校西」だとすると、該当する路線は「北西循環」となります。

この路線で吉祥寺駅に出てまた「北西循環」で帰ると、北町4丁目付近を通り、成蹊大学の方から「第一小学校西」に戻ってくるので、大変遠回りになります。
ならばどうするかというと、他の路線で自宅の近くまで帰れるバスに乗ると良いのです。

第一小学校西バス停です

北西循環の「第一小学校西」バス停付近に行きたいのならば、三鷹・吉祥寺循環の「西コミセン前」バス停でおりると、余計な遠回りをしなくても、西コミセン前の通りをまっすぐに少し歩けば、大正通りの「第一小学校西」です。

時間の効率がよいです。

西コミセン前バス停です

この考え方で、幹線道路とムーバスの組み合わせでも、効率よく移動ができるかもしれません。
自宅近くにムーバスのどの循環が走っているのかを、知っておくと便利でいいですよ。

子どもからお年寄りまで「みんなが安心して乗れる」ムーバスの仕様

ムーバスは車体自体が低く作られており、乗り降りの段差が少なく乗降車できる素晴らしい仕様のバスです。

前の席は優先席や障害者用の掲示がされています。

また、運転手さんのすぐ後ろの席はベビーカーが固定できる席があります。

車椅子の乗車時には、運転手さんの後ろの席が車椅子乗車スペースとなります。

つかまり棒も握りやすい形に考えられています。握った時のグリップも滑りやすくないようになどの配慮がされています。

対面の椅子の他に、前向きの椅子の仕様もあります。

ムーバスに乗車する時の注意は

できるだけ、前列はお年寄り、妊婦、障害マークのあるかたへお譲りください。

バスは思いも寄らない動きをすることもありますので、席は譲り合ってご乗車いただくと良いですね。
混雑時にはベビーカーは折りたたんでのご乗車にご協力ください。
ペットを連れていく場合には、小型専用ケース、もしくはケージ(手荷物サイズ)に入れてください

鳴き声等、他のお客様に迷惑にならないようにしてください。

後ろの席は高い座席になっています。見晴らし良好です。

ムーバス内でコミュニティボードが無料で利用できる

バスの中にはコミュニティボードと言われる、ボードが存在します。

地域の情報交換の場として誰でも使えて無料です。

しかし使い方にはルールがありますので、詳しくは武蔵野市ホームページのコミュニティボードの注意点を確認してくださいね。
http://www.city.musashino.lg.jp/kurashi_guide/norimono_chuurin_chuusha/mu_bus/1005141.html

後ろの扉です

ムーバスの車内が混んでいたら、ひと声かけると近い方のドアを開けて降車させてくれる

ムーバスからの降車時には、普通は後ろの扉が開きます。

しかしもしあなたが乗車していて、とても後ろから降りられそうになく、前の扉に近くにいたとすると「前からお願いします。」というと運転手さんは快く前の扉をあけて降ろしてくれますよ。

北西循環の夕方の混雑した車内でよく聞かれます。

みなさん慣れていて、運転手さんとの良いコンビネーションで滞りなく降りて行かれますよ。

気にせず声をかけていきましょう。

前と後ろにある扉を、混んでいるときは臨機応変に開けてくれます。

ムーバスは傘の貸し出しもしています

ムーバスの後ろの降車口の隣には、ビニール傘が置いてあり、もし、突然の雨に見舞われることがあれば、この傘を借りれるようになっています。

受付などはなく、自由に持って行って大丈夫です。

次回乗るときには必ず返して下さいね。同じように突然の雨で困った人が使えるようにしましょう。

ムーバスの利用をどうか楽しんでくださいね。

ムーバス攻略ガイドはいかがでしたか。

ムーバスの利用に慣れると吉祥寺に住むことが大変楽しくなります。
あなたの生活の一部となり支えてくれるムーバスですので、ルールを守ってみんなで楽しく利用してくださいね。

ライタープロフィール

chielly
chielly
吉祥寺に住み始めて13年のママさんライター。出産前はよく夫と飲み歩いていました。出産してからはよく子どもと公園に行っています。遊んで良し、住んで良しの吉祥寺の魅力をお伝えしていきます!

関連記事

  1. 図書館 武蔵野市にある図書館を紹介!私立図書館と大学図書館の特徴を解説
  2. 吉祥寺かるた(ダイヤ街編) 「吉祥寺かるた」を実際に体験してみた(ダイヤ街編)|吉祥寺時間
  3. 吉祥寺で楽しむ おうちごはんgourmet|吉祥寺時間
  4. 「吉祥寺かるた」を実際に体験してみた(北口編)|吉祥寺時間
  5. 吉祥寺駅のレンタカー3社を紹介!
  6. 吉祥寺周辺に本社がある大手飲食企業を紹介!
  7. 吉祥寺周辺の銭湯を7つ紹介!サウナ付きもあり
  8. 吉祥寺の矯正歯科10院を紹介!

新着記事

  1. 吉祥寺のノンカフェイン・デカフェのお店|吉祥寺時間
  2. 平和通りを散歩してみた|吉祥寺の玄関口「平和通り」の楽しみ方とは?
  3. 「吉祥寺かるた」を実際に体験してみた(北口編)|吉祥寺時間
PAGE TOP