吉祥寺で遊ぶ

平和通りを散歩してみた|吉祥寺の玄関口「平和通り」の楽しみ方とは?

色々なジャンルのお店や文化が集まる吉祥寺の中でも、特に多くの人が行き交うメインスポットといえば「平和通り」でしょう。

平和通りは、吉祥寺駅北口に面していることもあって、「吉祥寺の玄関口」ともいえる場所です。

 

吉祥寺最大の商店街「サンロード」や、戦後の闇市を母体とする怪しげな飲み屋街「ハーモニカ横丁」、吉祥寺を代表する大型商業施設の1つ「吉祥寺パルコ」といったように吉祥寺のメインスポットに囲まれ、常に沢山の人が行き交う賑やかな場所で、住みたい街ランキングでも常に上位に位置する、快適で過ごしやすい吉祥寺という街を象徴するような場所でもあります。

今回は、吉祥寺の主要な通りの1つである「平和通り」を実際に散歩しながら、平和通りならではの楽しみ方を紹介していきます。

 

平和通りは今も昔も交通の要所であり「吉祥寺の玄関口」

平和通りは、吉祥寺駅北口に面する大型のロータリーから西側に延びている全長170mほどの短い道路で、中央線と並行しながら吉祥寺通り(公園通り)までを結んでいます。

公園通りから先は中道通りとなっていて、こちらも吉祥寺を代表する繁華街でありメインストリートの1つです。

 

大正時代に起きた関東大震災を期に、今の吉祥寺にあたる地域を含む武蔵野村は人口が急増し、第二次世界大戦中、吉祥寺に中島飛行機の工場が設置されるなど軍需産業都市として大きな発展を遂げました。

戦後、吉祥寺駅前は戦時中の建物疎開(空襲の延焼を防ぐため工場や鉄道関連施設などの重要施設を強制的に移築すること)を期に駅前は殺風景な空き地となり、闇市も横行するなど治安が悪化しますが、強制疎開地跡にメインマーケットが開かれ、駅前通り・中町通り・公園通り・平和通りといった商店街が各地にできるなど徐々に活気を取り戻していき、再び繁華街として発展を遂げていきます。

今のような平和通りのアーケードが設置されたのは昭和30年頃といわれ、同じ頃に吉祥寺ダイヤ街・レンガ街の開設や吉祥寺名店会館(現在東急百貨店吉祥寺店となっている場所にあった吉祥寺初の大型商業施設)の開業が相次ぎ、街全体が活気づいてきた時代のことでした。

 

吉祥寺駅の位置は、JR中央線の前身である甲武鉄道の時代から変わっておらず、駅前の通り沿いには今も昔も多くのバスが発着しており、平和通りには昔からの吉祥寺の交通の要所としての顔もあります。

アクセスは以下の通りです。

吉祥寺の中央改札から左折、西向きの階段を下りて吉祥寺駅北口を出ると左側に延びている駅前の通りが「平和通り」です。

洗練されたお店が目立ちますが、「不二家」などずっと昔から同じ場所にあるお店も少なくありません。

 

平和通りといえばまず「サーティワンアイスクリーム」

吉祥寺駅北口から平和通りを進んでまず目に入るのは、今も昔も「サーティワンアイスクリーム 吉祥寺店」でしょう。

駅前のバスロータリーのすぐそばに位置し、お店が面するアトレ前はちょっとした広場がありフリースペースとなっているので、サーティワンでアイスを買った後にそこで立って食べる人が多いのはもちろん、吉祥寺でも主要な待ち合わせ場所の1つとしてもおなじみの場所です。

 

現代歌人の桝野浩一さんの小説『ショートソング』でも、主人公の国友克夫が憧れの先輩である須之内舞子と待ち合わせをした場所として登場し、主人公の初恋のような淡い期待を象徴する場所として描かれていましたが、その期待は脆くも崩れ去り、一転して「ほろ苦い思い出の場所」に変身するというオチになります。

memo

「サーティワンアイスクリーム」は日本独自の名前だというのは知っていましたか?

サーティワンの本社はアメリカにありますが、アメリカやその他の国では「バスキン・ロビンス(Baskin-Robbins)」という呼称であるため、外国で「サーティワン」といっても通じないようです。

日本でチェーン展開しているのは不二家とバスキン・ロビンス社の合弁会社(当初は不二家の子会社として設立された)で、その名前が「B-Rサーティワンアイスクリーム株式会社」となっているのです。

丁度、平和通りを挟んでサーティワンの真向かいにはお菓子の「不二家」のお店がありますが、それにはこうした関連性があったのですね。

 

  • 店名:サーティワンアイスクリーム 吉祥寺店
  • 住所:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-4-18
  • 営業時間:10:00~21:00

 

近年のホットスポット「吉祥寺ザッカフェ」で雑貨もカフェも楽しめる!

平和通りは吉祥寺駅前の立地の良さからか、お店の入れ替わりもそれなりに多い印象で、まるで新陳代謝のように年々街並みが生まれ変わっているように感じます。

そんな入れ替わりの激しい中でも今も変わらず営業しているのはサーティワンアイスクリームくらいのもので、その周りの店はすっかり様変わりしています。

かつてサーティワンアイスクリームの上にあった紅茶専門店「ナロー・ケーズ」(現在は通販専門になり店舗営業はしていません)と、吉祥寺界隈のミュージシャンなら一度はお世話になったであろう「山野楽器ロックイン(かつては新星堂ロックイン)吉祥寺店」の跡地に、2019年11月にオープンしたのが近年話題のホットスポット「吉祥寺ザッカフェ(Kichijoji Zaccafe)」です。

1階は雑貨店で2階はカフェという複合店で、2階のカフェはナロー・ケーズの跡地を使っていることもあって平和通り全体から吉祥寺駅までを広々と見渡せて、眺めは抜群!

 

席同士も離れており、カフェらしいオシャレな模様の仕切りも設けられており感染対策にも気を遣っているお店です。

2階のカフェではなんとスイーツ食べ放題が行われており、値段はワンドリンク付30分590円、2ドリンク990円と格安で、一度に頼めるのは3メニューまで、食べ終わったら次が頼めます。

現在「スプリングフェア」が開催されており、春らしいカラフルな動物モチーフのお菓子がどれも可愛らしく、スイーツ好き&動物好きにはたまりません。

1階の雑貨店は動物モチーフを中心にぬいぐるみやステーショナリー、アクセサリーなど様々なアイテムが売られており、全般的にプチプラ(300円~500円程度)でお求めやすいラインナップが特徴的。

よく言えばライトではありますが、悪くいえば少し安っぽい感じもしました。

 

平和通りにはかつて、1939年創業の「MIYAKE & JubileeMarket」という古き良きアンティーク家具やちょっとマニアックな輸入雑貨を置く老舗店がありましたが、2013年に惜しまれつつも閉店。

2年後の2015年、かつての「MIYAKE」の店主が平和通り沿いにひっそりと復活させた「PORTICO 輸入と照明のMIYAKE」も程なくして閉店してしまいました。

少しお値段は張るものの各種から買い付けたこだわり雑貨が並んでいたかつての平和通りを知る者としては、吉祥寺ザッカフェのプチプラアイテムは手垢を感じさせない真新しさはあれど、少々物足りなさを感じるのもまた事実。

でも、これも時代の流れというものかもしれませんね。

 

  • 店名:吉祥寺ザッカフェ(Kichijoji Zaccafe)
  • 住所:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目4−18 ジョージフォーラムビル 1-2F
  • 営業時間:1階雑貨11:00〜21:00 / 2階カフェ11:00-19:00(LO18:30)

 

「吉祥寺パルコ」にはマニアックな映画館も!

平和通りをずっと西側に向かって歩いていると、吉祥寺通りにぶつかる前に大きな建物が現れますが、これが「吉祥寺パルコ」です。

平和通りは通り沿いにベンチや、コブシの樹が植えられたブロックは腰かけられるようになっているので、夜の平和通り沿いはいつも、こうしたところに座ってお酒を飲んでいる若者や近くで買ってきたケバブやクレープやアイスクリームを食べる人たちが賑やかに歓談していますが、そうした中でもひときわ明るく賑やかなのが吉祥寺パルコの前ではないでしょうか。

昼夜問わず、小学生の女の子グループや大学生カップル、何故かストゼロを片手に歩いているOL風の女性まで、色々な人たちがパルコの前でとぐろを巻いている光景はある種吉祥寺の名物ともなっています。

 

パルコは仕事帰りに寄るのも丁度いい場所にありますし、ファッションが中心ではありますが楽器アニメグッズも売られていますし、カフェ美容室、はたまた近年話題のコワーキングスペースまで、色々なお店がひしめいており、これぞパルコといった空気感で地元民を安心させてくれます。

そして、あまり広くは知られておらず「地元民であれば知っている」という程度かもしれませんが、パルコ地下2階には実は映画館もあります。

しかしこの吉祥寺パルコ地下2階の「映画館アップリンク」は、ちょっとマニアックな上映ラインナップが揃う小規模なシアターで、今巷で話題の最新ヒット映画が観られるところではない、というのがまた吉祥寺らしさを醸しているのではないでしょうか。

 

少しディープなラインナップが多いきらいはあるとはいえ、キッズ・ファミリー向けの映画や青春映画、ドキュメンタリー映画、コメディなどジャンルは幅広くあり、家族連れやデートにも安心できるような映画もちゃんと上映されているのでご安心を。

 

  • 店名:吉祥寺パルコ
  • 住所:〒180-8520 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1
  • 営業時間:10:00~20:00

 

まとめ|変わりゆく街並みにもどこか安心感のある「平和通り」で散歩を楽しもう!

以上、吉祥寺に降り立つとまず目にするであろう「平和通り」沿いの必ず訪れるべきおすすめスポット(店舗)や、おすすめの歩き方をざっと散策仕立てにして紹介しました。

吉祥寺駅北口を出るとすぐに見える通りであるため立地が大変良く、多くのお店が集い、そして多くの店が閉店し撤退していった、変化に富む通りでもあります。

 

しかし、平和通りの駅側は洗練されたオシャレな店が多く、向かい側はちょっとディープな空気感を漂わせ、マニアックな映画館や場末感のある飲み屋やケバブ屋さんなどが揃う、なんとも不思議な空気を醸しているのは、昔からずっと変わらないような気もします。

平和通りは目まぐるしく変化していく街並みでありながらも、地元民にとってはどこかほっとさせてくれる雰囲気があるのは、もしかしたら吉祥寺平和通り商店会理事長がいうように「こぶしの街路樹と青空が調和」しているからかもしれませんね。

地元民も地元以外の方も、吉祥寺のこうした空気感を感じに「平和通り」をゆっくり散歩してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 【徹底検証】吉祥寺でレンタルサイクル!3時間でどれだけ移動できる…
  2. 吉祥寺でできる変わった体験デートを4種類紹介
  3. 【東急吉祥寺】子ども遊べる屋上広場「太陽の広場」に行ってみた!【…
  4. 吉祥寺でおすすめのクレープ屋とゆっくり食べられる場所をご紹介!
  5. 吉祥寺駅周辺の映画館3つをご紹介!家族連れやデートにも!
  6. てまりのおうち 吉祥寺のおすすめ猫カフェ5店舗をご紹介!特徴や料金を解説!
  7. 吉祥寺のサンロードを歩いて気になるお店をピックアップしてみた
  8. 雨 吉祥寺で「雨の日」に遊ぶ!おすすめスポット6選

新着記事

  1. 吉祥寺のルーツという「諏訪山 吉祥寺」に行ってみた
  2. 【体験レポ】営業再開「井の頭自然文化園」を巡ってみた!水生物園も!
  3. 住みたい街ランキングと吉祥寺。順位を通して吉祥寺のこれからを見つめる サンロード商店街
PAGE TOP