吉祥寺の「書店」6選を紹介!

吉祥寺解説員
吉祥寺解説員

「地元のお店を再発見」をテーマにしたフリーマガジン『吉祥寺時間』です。

 

この記事では、吉祥寺の「書店」6選をご紹介します。

数多くの小説や漫画、映画やドラマの舞台となり、直木賞作家又吉直樹の受賞作「火花」の舞台にもなった「吉祥寺」の街は、都内でも指折りの大型書店から地元密着の本屋さんまで、様々な書店がある街でもあるんです。

今回は「吉祥寺の書店」を徹底的に調査して、ご紹介していきます。

目次

吉祥寺の書店「ジュンク堂書店 吉祥寺店」

ジュンク堂書店 吉祥寺店引用:ジュンク堂書店

「吉祥寺」駅から徒歩2分、「コピス吉祥寺」B館のの2フロアを専有している「ジュンク堂書店 吉祥寺店」は、100万冊の在庫を誇る超大型書店です。

店舗面積は大型書店の基準といわれる「500坪」を超える「1,100坪」あり、吉祥寺での書店で一番大きいだけでなく、都内でも6番目に大きい書店です。

6Fは「雑誌」「学習参考書・語学書」「旅行本」「コミック」「料理本などの実用書」「小説などの文庫本」、7Fは「ビジネス書」「医学」「理工」「パソコン」「芸術」「歴史・思想・教育」「法律・経済」などの専門的な本が置かれています。

ジュンク堂書店の戦略は「充実した品揃え」とされ、どの分野の書籍も満遍なく置かれているのが特長で、店内至る所に椅子が設置されていて、買う前に座りながら確認でき、通路も広く欲しい本をゆっくりと選べます。

「ジュンク堂」は、1963年(昭和38年)に「株式会社大同書房」として神戸市生田区(現:中央区)の元町本通りで創業し、2015年(平成27年)に「丸善書店」と合併して「丸善ジュンク堂書店」という会社になりましたが、店舗名は「丸善」と「ジュンク堂」のどちらもそのままで営業しています。

元々の「ジュンク堂」という屋号の由来は、「ジュンク堂」創業者の工藤恭孝氏の父親の名前である「工藤 淳」の姓と名をひっくり返した「潤 工藤」から取ったそうです。

店舗面積1,100坪(3,636平方メートル)
住所東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-5 コピス吉祥寺B館6階~7階
アクセス「吉祥寺」駅より徒歩2分
電話番号0422-28-5333
営業時間10:00~21:00
定休日無休

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる