天空の紫茶 ケニアで生まれた貴重なお茶

紫茶
目次

ケニア共和国で25年かけて生まれた希少なお茶『紫茶』。

日本初SDGs対応、社会貢献性の高いお茶

「天空の紫茶」に配合されている紫茶の売り上げの一部は、原料の供給元であるオリザ油化(株)を通じ、子どもの権利を推進し貧困や差別のない社会を実現するため活動する国際NGOプラン・インターナショナルに寄付されます。

「天空の紫茶」はこの日本で初めてSDGsに対応した茶葉のみ 100%使用したお茶です。

sustainableケニア

ちょっと贅沢な紫色のお茶を愉しむ
天空の紫茶

ケニア山の麓、標高1,500mから2,000mの高地で栽培されるため害虫がつかず、100 年以上無農薬農法が続いています。

また、高低差のある茶畑では機械を使うことができないため、日本の高級玉露と同じ「一芯二葉」だけを丁寧に手摘み収穫している高級茶葉です。

自然のままのポリフェノール

赤道直下の紫外線を強烈に浴びて育つ「天空の紫茶」の茶葉は赤く、朝、収穫してからその日のうちに失活「青殺」するため、発酵を抑え(不発酵)ポリフェノールが多いお茶になります。

ポリフェノール GHG

紫茶はポリフェノールが緑茶の約 1.8 倍、アントシアニンはブルーベリーの約 1.7 倍。

さらに紫茶特有のポリフェノール「GHG」が含まれています。

このポリフェノール「GHG」には美容と健康、ダイエット効果が期待できます。

2021 年5月5日 ( 水 ) に都内で飲める唯一の日として、「喫茶おおねこ」にて提供しました!


価格4,950円(税込)
内容量30包/袋
購入Amazon・公式オンラインストア
(https://laudi.jp/lp/purpletea/)にて販売
電話番号ラウディ株式会社
03-6228-6497

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる