【吉祥寺で夜ごはん】お魚屋さんが営む定食屋さん『里の宿』へ行ってみた

吉祥寺駅周辺には、ハモニカ横丁を始め多くの飲食店が集まっていて多くの人で賑わっています。

しかし、吉祥寺の飲食店の魅力は、駅周辺だけではありません。

駅から少し離れたエリア閑静な住宅街エリアにも魅力的な飲食店がたくさん。

そこで今回は、メディアでも紹介されたこともある和定食屋さん里の宿を紹介します。

新鮮なお魚を定食にしたお魚屋さんが営む定食屋さん。

1日の終わりに疲れをとるために美味しいものを食べて締めたい日に、里の宿で美味しい定食を頂きました。

目次

里の宿 魚初について

新鮮なお魚と和定食

鮮魚店『魚初』の直営店で、新鮮なお魚が種類豊富に提供される定食屋さん。

吉祥寺のグルメ特集では、度々メディアや雑誌に取り上げられ、吉祥寺で美味しいお魚料理を食べたいと思ったらここ、里の宿。

最近では、アド街ック天国の吉祥寺のグルメ特集で放送されていました。

種類豊富なお魚定食

吉祥寺では1番と言っていいほど、種類豊富なお魚定食

時間帯によっては売り切れてしまっているメニューもあり、その人気度を伺えます。

定食だけでなく小鉢などサイドメニューも充実。

家庭的なほっとする味付けが、心と体に沁みていく。

里の宿のメニューを紹介します。

定食メニュー

  • のどぐろ煮つけ 税込1,800円
  • 鮎の塩焼き 税込1,100円
  • カジキマグロ煮つけ 税込1,400円
  • きんき煮つけ 税込1,800円
  • こだい塩焼き 税込1,300円
  • 汐鮭 税込1,100円
  • メバル煮つけ 税込1,400円
  • いさき塩焼き 税込1,400円
  • たかべ塩焼き 税込1,300円
  • 真カレイ煮つけ 税込1,100円
  • タチウオ塩焼 税込1,300円
  • 馬ヅラハギ煮 税込1,300円
  • かます塩焼き 税込1,300円
  • 銀鱈(味噌又は照り焼き) 税込1,100円
  • 生ほっけ煮つけ 税込1,200円

他の定食屋さんにはないほどのお魚の種類

煮つけや塩焼きがメインで、丸々お魚を味わうことができるので、どの定食にしようかと悩ましいほど。

定食には、ごはん、お味噌汁、お漬物、小鉢が付いています。

一品メニュー

  • 魚のマリネ 税込500円
  • 塩辛 税込400円
  • ネギトロたくあん 税込500円
  • 細もずく 税込400円
  • じゃこサラダ 税込500円
  • 帆立クリームコロッケ 税込300円
  • ネギトロめんち 税込300円
  • 玉子焼 税込400円
  • カニ味噌 税込300円
  • ネギトロユッケ 税込500円
  • 冷やっこ 税込300円
  • カニみそサラダ 税込600円
  • 納豆 税込200円
  • かぼちゃの煮物 税込400円

定食にプラスしたい一品料理も充実しています。

さっぱりとしたおかずが欲しい時は、もずくや冷やっこ

がっつりもう一品が欲しい時は、コロッケやメンチ

体に気を遣って、サラダや納豆など。

その日の気分に合わせて選ぶことができるので、一品料理の追加もおすすめです。

お酒

  • 瓶ビール 税込600円
  • 生ビール 税込400円
  • ノンアルコール 税込450円
  • 梅酒 税込500円
  • 芋焼酎 税込500円

美味しいお魚料理とお酒でゆっくりとする。

夜は、お魚をつまみに1杯という方も多いようです。

里の宿で夜ごはん

アクセス

吉祥寺駅南口を出て、井の頭通りを西荻窪方面へ歩き、緑の東進ハイスクールが見えたら右折。

水門通りに入り、少し進むとひっそりと佇む里の宿。

吉祥寺駅からは徒歩4~5分で到着します。

お店の外で待っている人の列ができていることもあります。

外まで煮つけの匂いが漂い、お店の雰囲気を感じとることができます。

木製の格子状になった入口の扉に、中が見える大きめの窓。

夜は、店頭に照明が付き、和食料理屋さんらしさをより感じます。

里の宿 吉祥寺

身体に沁みる定食

店内に入り、中央にカウンター席が8席、壁側に2名掛けのテーブル席が2つのあるこじまりとした空間。

夜19:30過ぎは、夜ごはんを食べに来ている人でほぼ満席

早速空いている席に座ると、すぐにメニューと冷たいお茶を出していただきました。

店内は、間接照明が落ち着く雰囲気を創り出しています。

隣の方との距離は近いですが、里の宿に来ている方は、純粋にお魚料理を楽しんでいる人が多いので、ざわざわとした雰囲気はありません。

また、感染対策でテーブルには透明のアクリル板が設置されているので、安心して食事を楽しむことができます。

メニューは両サイドの壁に貼ってあり、一品メニューはテーブルに卓上で置いてあります。

ちなみに注文は、テーブルで行います。

今回は、銀鱈の味噌焼きと一品メニューから納豆をオーダーしました。

基本的に1人で食べに来ている人が多く、カウンター席もあるので、1人でも利用しやすいと実感

むしろ、お魚料理をじっくり堪能するためには1人がおすすめ。

店内にはテレビや雑誌が置いてあるので、料理の待ち時間も気になりません。

順番に定食が運ばれていく中で、自分の料理がくるのをわくわくしながら待っていました。

注文してから、10分くらいで熱々の出来立ての定食が運ばれてきました。

里の宿 吉祥寺

ごはん、お味噌汁、お漬物とミニ小鉢は煮物。

そしてメインの銀鱈。

きらきらとしているように見える銀鱈。

お味噌汁は本当に熱々で1口目は出汁の旨みが口いっぱいに広がり、ほっとする味。

銀鱈の甘みと味噌の塩味と香ばしさが絶妙なバランスで、素材の旨みもしっかり味わうことができます。

柔らかく、それでも食べ応えのある身のしっかりとした銀鱈。

他ではこんなにも豪華なサイズでは中々頂くことができないので、他のお魚も食べてみたいと思ってしまいます。

一品料理の納豆には、たっぷりのネギ、みょうがが入っていました。

ミニ小鉢の煮物、お漬物もごはんとの相性は間違いなくぴったり。

ごはんとお味噌汁のお替りは無料でできるようです。

里の宿の夜のラストオーダーは20:30なので、20時過ぎまでお客さんは絶えることはありません。

閉店に近づくにつれ売り切れの定食も増えていくので、お目当ての定食がある場合は早めに行くことをおすすめします。

お会計方法

里の宿の厨房は店内奥にあり、お会計はその厨房のあるカウンター越しで行います。

お支払いは現金のみとなっているの、あらかじめ用意しておくといいと思います。

まとめ

吉祥寺で夜ごはんにおすすめしたい、定食屋さんの里の宿を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

吉祥寺で和食の美味しいお店を探していた、1人でも入りやすい定食屋さんを探していた方にもおすすめ。

なんといっても、新鮮なお魚をボリューム満点の定食で頂くことができるのは、お魚好きな方はぜひチェックしてみてほしいです。

吉祥寺駅から少し離れているので、落ち着いた雰囲気で食事をしたい時にも里の宿はぴったり。

ピークの時間帯は外で待つこともあるかもしれませんが、並んででも食べたいのが里の宿のお魚定食。

吉祥寺での最後の締めに里の宿で夜ごはんはいかかでしょうか。

住所武蔵野市吉祥寺南町1-28-5 107MAC吉祥寺コート 1F
TEL0422-42-2335
営業時間昼11:30~14:30 
夜17:00~21:00
定休日日曜日
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる