吉祥寺の食事

吉祥寺のノンカフェイン・デカフェのお店|吉祥寺時間

「ノンカフェイン」「カフェインレス」あるいは「カフェイン断ち」という言葉を近年よく聞くようになりました。

朝や昼の食後に飲みたくなる、コーヒーや紅茶あるいは緑茶など頭がすっきりする飲み物には、大抵カフェインが入っています。

カフェインは覚醒作用があり、食後に鈍くなりがちな意識を明確にすっきりさせ、頭が冴えわたる効果がある一方、依存症状や不眠、利尿作用などの弊害もあります。

こうした弊害に悩まされている人、症状を避けたい人に注目されているのが、「ノンカフェイン」「カフェインレス」、あるいは「デカフェ(ディカフェ)」といった飲み物です。

これはまさに言葉通り、お茶類に付き物の「カフェイン」を完全にあるいは殆ど除去した飲み物。

カフェインなしでコーヒーや紅茶を楽しむことにより、カフェイン中毒や不眠を抑えることが可能で、吉祥寺にもそうしたノンカフェインのメニューを提供するお店が多くあります。

今回は、吉祥寺にある「ノンカフェイン」「デカフェ」「カフェインレス」の珈琲や紅茶を出してくれるおすすめのお店を紹介します。

なお、緊急事態宣言は解除されたものの、お店の営業時間については時短要請が継続中のため変更されている可能性があります。ご注意ください。

【北口・平和通り】スタバ・タリーズ、通販専門の「ナロー・ケーズ」

ノンカフェイン、あるいはデカフェ、カフェインレスに興味を持ったばかりの方に早速釘をさすようで差し出がましいのですが、ノンカフェインメニューは、もちろん吉祥寺にあるすべての喫茶店やカフェで提供できるものではありませんし、牛丼の「ネギ抜き」のような感覚で臨機応変に対応できるものでもないので、お店側が意識して作っていないと提供してくれません。

それを理解したうえでも、吉祥寺にはノンカフェインメニューが楽しめるお店は比較的多い印象です。

特に吉祥寺駅ビルから平和通りにかけての、吉祥寺の玄関口ともいえるエリアでは、駅ビル内で営業しているチェーン店を中心にカフェインレスメニューを提供しています。

まず、吉祥寺の駅ビル「アトレ吉祥寺」内にある「タリーズコーヒー アトレ吉祥寺店」では、オーダーしてから1杯1杯丁寧にドリップするエスプレッソが人気のチェーン店ですが、カフェインを95%以上除去した「デカフェ」メニューもあり、人気のエスプレッソもプラス60円でデカフェに変更できます。

 

  • 店舗名:タリーズコーヒー アトレ吉祥寺店
  • 住所:〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目1番24号 アトレ吉祥寺東館2F
  • 営業時間:平日:7:30-22:00(L.O.21:45)/土:7:30~22:00(L.O.21:45)/日祝:7:30~22:00(L.O.21:45)

 

そして、駅から出て、吉祥寺の駅前の吉祥寺大通り沿いにある「スターバックスコーヒー 吉祥寺店」は、さすがカフェ界でもトップといえる人気を誇るだけあって、様々なお客さんに対応するべく色々なカスタマイズができるようになっていますが、「デカフェ」の指定も可能で、コーヒー・エスプレッソ共にプラス50円で注文可能となっています。

なお、スターバックスは吉祥寺エリア内に更に3つある(東急百貨店 吉祥寺店・吉祥寺パルコ店・アトレ吉祥寺店)ので、駅前店に限らず自分の都合のいい最寄りのお店を選ぶといいでしょう。

 

  • 店舗名:スターバックスコーヒー 吉祥寺店
  • 住所:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-15-9 吉祥寺岩崎ビル
  • 営業時間:6:30-23:00

 

駅前を西側に延びる「平和通り」には、かつて紅茶専門店「ナロー・ケーズ」の実店舗があり、店内で実際に紅茶を飲むことができましたが、実店舗が撤退した現在では、ナロー・ケーズは通販専門店となっており、Narrow K’s(ナロー・ケーズ)通販ウェブサイトでカフェインレスの紅茶を多く提供しています。

 

【北口・ダイヤ街~元町通り】「星乃珈琲」「コメダ珈琲」「ドトール」「カフェ・ラ・ミル」

平和通りから北向きに延びる路地に入り、そのまままっすぐ北へ進むと、吉祥寺でも有数の商店街「ダイヤ街」と、ダイヤ街に合流する吉祥寺の中心エリア「元町通り」に差し掛かります。

このエリアにはチェーン店がひしめいており、ノンカフェインを提供するチェーン店も例外ではありません。

平和通り側から見て一番近く見つけやすいのは、おそらくは「コメダ珈琲店 吉祥寺ダイヤ街店」ではないでしょうか。

何故なら、毎日たくさんの人で大賑わいのダイヤ街チェリーナードに面し、メンチカツで有名な「さとう」や、名物の最中や連日即売り切れの羊羹が大人気の和菓子店「小ざさ」の向かいにあるからです。

コメダの特徴は珈琲を回数券で飲める「コーヒーチケット」ですが、カフェインを取り除いた「カフェインレスコーヒー」や、元々カフェインが入っていない「コーンスープ」などもコーヒーチケットの対象メニューとなっています。

 

  • 店舗名:コメダ珈琲店 吉祥寺ダイヤ街店
  • 住所:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-2 北辰吉祥寺ビル西館2F
  • 営業時間:7:00-20:00 ※新型コロナ感染症対策のため、営業時間変更中

 

そして、吉祥寺ダイヤ街を公園通り側に進んでいくとあるのが、吉祥寺を代表する老舗喫茶店「COFFEE HALL くぐつ草」にほど近い「カフェ ラ ミル 吉祥寺ダイヤ街店」です。

このお店はドトールコーヒーショップの関連会社が運営する全くの別ブランドで、「自宅に招かれたようなくつろぎ」をコンセプトとしているだけあって、店内はジャズが流れる上品な雰囲気に、提供されるメニューもどこか高級感が漂いながらも意外とリーズナブル。

ノンカフェインメニュー奥深い香りが自慢のハーブティーが提供されています。

 

  • 店舗名:Café La Mille 吉祥寺ダイヤ街店
  • 住所:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-5 オリエントビル1階
  • 営業時間:8:00-22:00(L.O.21:30)

 

「カフェ ラ ミル」から出て、一旦公園通り(吉祥寺通り)に出て北に曲がるとある「ドトールコーヒーショップ 吉祥寺元町通り店」でも、ドトール自慢のカフェインレスコーヒー(店舗限定)が楽しめますし、そこから「YONA YONA BEER」の角を右折して元町通りの中に入れば、コピス吉祥寺にすぐ近い場所に「星乃珈琲」もあり、「カフェインレス珈琲」が看板メニューである「星乃ブレンド」と同じ値段で飲むことができます。

 

【北口】【大正通り~五日市街道】駅から少し離れているけれど盛況の「多奈加亭本店」や「四歩」で個性派デカフェを堪能せよ!

吉祥寺駅からは少し離れてしまいますが、こだわりの強いおしゃれな店が多く集う「大正通り」「昭和通り」を中心とした吉祥寺の西エリアへ足を向けてみましょう。

先ほど入った元町通りからまたダイヤ街チェリーナードに合流し西へ歩き、公園通りの横断歩道を渡るともうそこは「昭和通り」です。

ZARAなどファストファッションを扱う有名セレクトショップを通り過ぎ、イギリスのロック色の強いシューズブランド「Dr.MARTENS(ドクターマーチン)」の角を右折すると、有名なハンバーグ店「山本のハンバーグ」が見えますが、今回のお目当てはその隣「多奈加亭 本店」です。

「多奈加亭 本店」は手作りケーキと焼きたてパン、本格紅茶を楽しめる老舗のカフェで、紅茶はインドやスリランカを中心とした茶葉を使ったストレートティーから、林檎や生姜など各種フレーバーを活用したフレーバードティーまで様々に用意されています。

このお店のノンカフェインメニューは「スィートハート・デカフェ」という、ザクロの花とストロベリーをブレンドしカフェインを取り除いたフレーバードティーで、とろけるような甘い香りが特徴です。

 

  • 店舗名:多奈加亭 本店
  • 住所:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-13-4
  • 営業時間:10:00-21:00

 

「多奈加亭本店」を出て北側(店を背にして右)に延びている西三条通りをずーっとまっすぐ、五日市街道にぶつかるまでのんびりと歩き、目の前の信号を渡りましょう。

そして信号を渡ったら左折して、家具店「キシル 吉祥寺店」を越えたすぐ角、月見小路を右に入りましょう。

すると程なくして「四歩(しっぽ)」の白い看板が見えてくるはずです。

「四歩」は日用品と古道具を取り扱うアンティークな雰囲気の雑貨店でありながらも、食事もできるカフェとしての顔も持っています。

食事は日替わりの定食(ごはんセット)や、玄米・十五穀米も選択可能な「ひよこ豆と挽肉のカレー」「丸おにぎりと小鉢盛り合わせ」など食べやすく本格的なメニューが揃い、デザートには各種ケーキやパフェ、プリンなどが充実。

カフェインレスメニューは珈琲のみですが、アイスとホット両方が550円でいただけます。

 

  • 店名: 四歩(しっぽ)吉祥寺店
  • 住所:〒180-0001 東京都武蔵野市吉祥寺北町1-18-25
  • 営業時間:11:30-21:00(カフェL.O 20:15)

 

【南口・井の頭通り】エクセルシオールカフェ

最後に、南口にも足をのばし、井の頭通りにあるお馴染みのチェーンの意外なネタを少々紹介しましょう。

吉祥寺駅公園口を降り吉祥寺の南側に出たら、すぐに右手に見える「エクセルシオールカフェ」の文字。

ここのエクセルシオールカフェは、北口サンロード商店街の中心エリアにあるエクセルシオールカフェとは一味違うのです。

このエクセルシオールカフェには「バリスタ」と呼ばれる上位のライセンスを持った従業員さんが働いており、エクセルシオールカフェが提供しているノンカフェインメニューはこのバリスタの方が常駐しているお店でないと提供できないのです。

実はエクセルシオールカフェには何種類かあり、このようにノンカフェインメニューも堪能できる特別なエクセルシオールカフェのことを「エクセルシオールカフェ バリスタ」と呼んで、店の種類を分けているのです。

エクセルシオールカフェ バリスタのメニューにはカフェインレスコーヒーがある他、ローズヒップ&ハイビスカスブレンドレモニーミントなどハーブティーも用意されており、ハニーマサラチャイなど独特なメニューもあります。

 

  • 店名:エクセルシオールカフェ 吉祥寺南口駅前店
  • 住所:〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町1-4-1 井の頭ビル1F
  • 営業時間:平日・土曜:07:00-22:30 日曜:07:00-22:00

 

まとめ|吉祥寺ならではの「ノンカフェイン」「カフェインレス」「デカフェ」を楽しもう!

以上、吉祥寺の北口・南口それぞれの地域に点在する人気珈琲店の中で、ノンカフェインメニューを提供しているお店を、地域別の散策コース仕立てにして紹介しました。

吉祥寺ではチェーン店でもそうでないお店でも、ノンカフェインメニューを提供するお店がざっと探してみただけでもこれだけあることにもびっくりしましたが、中でもチェーン店のきめ細かな心遣いと効率的なオペレーションがちゃんと用意されている事実には驚きでした。

より多様性が重視され、カフェインの効果だけでなく弊害を気にする方向けのメニューも充実するようになった昨今、ノンカフェインメニューを提供するお店は今後もさらに増えていくでしょう。

それは吉祥寺に限った話ではありませんが、武蔵野地域の中では屈指の店舗数を誇る賑やかで便利な吉祥寺だからこそ、周辺地域に住むものとしては吉祥寺にそういったお店が増えることを期待してしまいます。

これまでカフェインを沢山摂取していた方も、まずは吉祥寺にある有名なチェーン店のメニューから試してみて、「ノンカフェイン」「カフェインレス」「デカフェ」生活を始めてみてはいかがでしょうか。

[st-mybox title=”次に読むおすすめ記事” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#FF0000″ bordercolor=”” bgcolor=”#fafafa” borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class” margin=”25px 0 25px 0″]【吉祥寺のモーニング】健康でおしゃれなカフェ5店舗を紹介 [/st-mybox]

関連記事

  1. シタール 吉祥寺北口2号店
  2. 韓味楽の内観 吉祥寺の韓国料理店「韓味楽」に行ってみた!本場の味が吉祥寺で堪能…
  3. 一蘭 吉祥寺のおすすめラーメンを紹介!サンロード編
  4. 挽肉と米 【実際に行ってみた】行列の絶えない吉祥寺グルメ「挽肉と米」は混雑…
  5. 【並び方解説】吉祥寺の名物的な「行列」を予習しよう
  6. 吉祥寺で美味しい紅茶が飲めるカフェ(北口編)
  7. 吉祥寺のWi-Fiとコンセントが使えるカフェ6選を紹介!
  8. カレー 【カレー食べ歩き】吉祥寺のおすすめ「間借り」カレー店をご紹介!

新着記事

  1. 【直売所】美味しい野菜や果物が食べられる吉祥寺の農産物直売所を知っていますか? 地産マルシェ01
  2. ひとりでゆっくりできる吉祥寺のおすすめカフェ5選
  3. 子連れ家族におすすめ!吉祥寺の休日1日プランをご紹介!
PAGE TOP