コラム

レッツ妄想吉祥寺タイム,「コタツで手紙」のススメ|吉祥寺時間コラム

レッツ妄想吉祥寺タイム

近頃は、自分が行くのではなく「吉祥寺が来い」と思っておりますこばやしです。
2020年も終わり、気が付いたら2021年の2月。皆コタツに就職もしくは、移住はできたのでしょうか…私は見事に失敗しました。

神奈川のド田舎に身を置くこばやしとしては、吉祥寺に行けないことが結構悲しい。

妄想でしか、吉祥寺に行けない。そんな時は妄想吉祥寺タイムのお時間です。

実際この間見た夢が好きな人(アイドル)との吉祥寺デートだったのです。幸せな夢見てるじゃん、そういう時に限って、結構すぐに目を覚ますし、二度寝はゾンビがよく出てくる。そして、すぐ噛まれる。

その夢では、好きな人との時間はあっという間で、吉祥寺の喧騒でさえ彼を輝かせる背景になる。彼と歩く中道通は至極の抜け道、日用品や食器にハマっている彼が行きたいと指をさして、私の手をひく。そこは「free design」 。

2人のかけがえのない日々の暮らしを彩ってくれるであろうカトラリーや食器、それ以外の日用品も扱った嗜好の空間で、ぎゅっと魅力の詰まった「

free design 」の入口には感染症対策の消毒液が置いてあって、手を消毒をしながら他愛もない話をしているうちに、新しい家に何を置く?

とかそういう話題になっている。 「貴方とずっと良いものを使っていきたいから…」 、と私はそうつぶやく。
なにこれ、 恥ずかしい夢だな。

将来を語りながら見る素敵な品の数々にため息がでる。

そんな素敵なお店と素敵な彼。

カトラリーとカラトリーってわからなくなるよね、と話してたらどちらかが本当なのか本当にわからなくなって目を開けると真っ暗な自室の天井が見えて、思わず声を漏らす。
「うわ…本当に、夢じゃん……、もう一回見よ…」と。

(ちなみに「free design 」さんには本当に行かせていただきました)

「コタツで手紙」のススメ

寒すぎてコタツに住所変更したいし、コタツに就職したい小林ですが、今日も元気です。

最近、携帯を持つのが嫌になって、たまに家に忘れるのですが、帰ってくると物凄い量の連絡が来ていて、その度に何も見ないことにするのですが、結構早めに返さなきゃいけない事もあるから、携帯が憎らしく思えたりする。決して既読無視、未読無視は悪気はないと此処で言いたい。

みんな、携帯は卒業して、文通を始めよう。そうしよう。

手紙といえば、海外に旅立ってる友達に、たまには手紙を書こうと思って(思っているだけ)吉祥寺にある「paper message」さんに出向くことがあります。今のコロナ禍では、足を運びにくいのですが、吉祥寺に行くと必ずフラッとお店に入ってしまう。なにせ可愛いんです。手紙を書こうと思ってなくとも、思わず足が動く。なにせ可愛いので(大事だから2回言った)

創造感、創作感に溢れる、紙好きにはたまらない、紙が好きじゃなくても思わず手に取ってしまうそんな品揃え。ポストカード、ペーパーバック、便箋や封筒、メッセージシールやマスキングテープなどなど…様々。しかし、手紙を書きたいと思ってても、全然手が進まず結局そのまま書かずに終わって、LINEで「手紙送るからな‼︎」と言ってた友達から、「手紙まだ?」と連絡くるので、便箋などをオンラインで注文しようかと密かに企んでいます。
なにより、外にでなくて済むというのは最強ですからね、今は布団よりもコタツと結婚したい。

みなさんも携帯からメッセージを送るのではなく、久しぶりに万年筆やペンを握って、コタツに入りながら可愛い便箋と可愛い封筒を使って、手紙を書いてみるのはいかがでしょうか。そして、皆様にもコタツに就職することをお勧めします。

特典のいらない部活

そういえば、カレーが好きすぎて「カレーは飲み物部」を作りました。

活動内容は、カレーを美味しく飲み干す(食べる)だけ。

 

ちなみに部員は小林のみ。

しかし、1人では飲食店に入らないビビり。

誰か助けてください、このままでは廃部になります。

そんな意味のわからない部を作る前、吉祥寺のカレーをあまり知らなかった頃、あまりにもチーズがかかったドライカレーが食べたくなって、たどり着いたのが「モンタナ」さんだった。

中道通りの入り口付近にあるお店、人気のお店なので、すこし並ばなきゃいけない可能性がありますが、それも美味しいカレーへの道標。お洒落な外観や、外にかけてあるメニューを見てたらあっという間です。

 

そして、チーズのたっぷりかかった魅力溢れるそのカレーは食欲どころかモチベーションまで上げてくる。チーズとカレーは人をここまで狂わさせるのか…!と力強くスプーン握りしめた記憶が鮮明にあります。

挙句、そこにはカレーつけ麺という悪魔的な料理もある。悪魔的だった、もちろん良い意味で。(ちゃっかりリピートしてることがバレる)

ドライカレーも食べたいし、カレーつけ麺も食べたいしって事ならセットでつけれちゃうんだから、お客さんの気持ち掴んでる…ほんと…やめてくれ…行ってくる…友達が小さい声で煩悩の塊ワンプレートと言っていたのに思わず何度もうなづいてしまった。

本当に私は最高のカレー屋さんに出会ってしまった…きっと吉祥寺にはこの出会いが何度も起こる気がする。

 

カレーは飲みもの部に入ってもなにも特典もつきませんが、ただただ美味しいカレーに出会いカレーを愉しむだけ、既に最高の部活です。

いつか是非、皆様が知ってる吉祥寺のカレー屋さんを教えてくださいね。

関連記事

  1. あの日の話|吉祥寺時間コラム
  2. 現代アートでゆるくつながる|吉祥寺時間コラム
  3. 吉祥寺、リハビリ中・大人のイメチェン|吉祥寺時間コラム
  4. 【中神円】映画で裸になるということ|ハモニカ横丁ではしご酒|吉祥…
  5. ギャルと吉祥寺・泣かない妹は病気なのか・百円ちょうだいおじさん|…
  6. 吉祥寺のエモーショナルでエンタメな一面|吉祥寺時間コラム
  7. 記憶の喪失を取り戻す店|吉祥寺時間コラム
  8. 牛乳キャップを追い求め|吉祥寺時間コラム

新着記事

  1. 末広通りを散歩しよう!|「老舗本屋」から「ライブハウス」まで末広通りの楽しみ方をご紹介
  2. 吉祥寺を舞台にした小説を読んでみよう|都心と都下の中継地点「吉祥寺」を舞台に紡がれるおすすめ小説4選
  3. 「吉祥寺かるた」を実際に体験してみた(井の頭公園編)|吉祥寺時間 吉祥寺かるた
PAGE TOP