コラム

牛乳キャップを追い求め|吉祥寺時間コラム

牛乳キャップを追い求め

役者である私をそうさせたのは、紛れもなく、牛乳ビンの蓋である。

小学生の私は、牛乳キャップが欲しくてたまらなかった。

同級生が、ポケモンカードだのキラキラのシールだのを、必死になって集めている時、私は牛乳キャップを必死になって集めている子どもだった。

しかし買って貰えば手に入る他のアイテム達と、牛乳キャップは違う。

1日1本しか飲めない牛乳のキャップを集めることには、限界があるのだ。

もちろん闇取引は行った。 牛乳キャップと給食のおかずを交換してもらうのだ。 例えば、牛乳キャップと小おかずとか、牛乳キャップとデザートとか、ね。

ところがその闇取引市場には、必ずライバルが存在する。 奴らの中には、平気で焼きそばや、わかめごはんといったメインのメニューを差し出す強者も。 しかし当時の私は、焼きそばや、わかめごはんまで犠牲にすることができない。 そんなこんなで、私の牛乳キャップ集めは難航していった。

そんな時に出会ったのが、演劇である。

学校の体育館に、どこかの劇団の人たちが、演劇を上演しにきた。 その演劇の感想文を書くと、当時の先生がメッセージをつけて返してくれた。 「ああいうのは、ふつう、チケットを買ってみに行くんだよ。やりたいと思ったなら、あなたも やってみたら?」と。

小学生の私は、ひらめいた。

「そうや!牛乳キャップをチケットにして演劇をやれば、いっぱい牛乳キャップが手に入るや ん!」

そうして、上演した私の処女作は、「2人芝居デビル」である。 (タイトルからして突っ込みどころ満載の劇であるが、今回は文字数も残り少ないので、どんな劇 かは、読者の想像にお任せします…)

牛乳キャップが欲しくてたまらず、闇取引にまで手を染めた小学生の私。 しかし「2人芝居デビル」の創作過程で、あろうことか牛乳キャップへの執着はあっさりとどこか に消えてしまい、いつの間にか演劇に夢中になっていった。

そんな私も、もう24歳。 大阪から上京し、吉祥寺に住みついて4年目になる。 あの頃、私のハートを掴んだ演劇は、今も私のハートを掴み続けている。

そして事あるごとに、行き詰まっては、心の中のデビルが私に囁く。

こんな苦しいこと、いつまで続けるの?

もう辞めちゃえば?

その度に私は、井の頭公園に立ち寄っては、その囁きを浄化させ、 吉祥寺の飲み屋で酒を飲んでは、まあ、いいかと、開き直る。 そして時には、吉祥寺の劇場に足を運び、自分を奮い立たせる。

そうやって、今でも私は、芝居を続けているのだ。

関連記事

  1. 夜どうなっているのか知りたい|吉祥寺時間コラム
  2. ギャルと吉祥寺・泣かない妹は病気なのか・百円ちょうだいおじさん|…
  3. 記憶の喪失を取り戻す店|吉祥寺時間コラム
  4. 過去と現在がシンクロする不思議な吉祥寺ストーリー|吉祥寺時間コラ…
  5. 末広通りを 少し歩いた、 その先に。|吉祥寺時間コラム
  6. CULTURE TIME|吉祥寺カルタ
  7. 南砺の逸品 CULTURE TIME|南砺の逸品
  8. 未完成のままの井の頭公園デート・映画館デートがしたいと思ったら|…

新着記事

  1. 吉祥寺のパワースポット|井の頭弁財天|吉祥寺時間 井の頭弁財天
  2. 吉祥寺の「古書店」続編6選|吉祥寺時間
  3. 吉祥寺の「古書店」5選|吉祥寺時間
PAGE TOP