吉祥寺で買い物

吉祥寺の「古本屋」11店舗を紹介!サブカルの街らしい古書店とは?

吉祥寺解説員
吉祥寺解説員

「地元のお店を再発見」をテーマにしたフリーマガジン『吉祥寺時間』です。

 

この記事では、吉祥寺の「古書店」を11店舗ご紹介します。

「吉祥寺の書店」を徹底的に調査して[吉祥寺の「書店」6選]をご紹介しましたが、さっそく「古本屋さんの情報は、どうなってるの?」というお声がかかりました。

もちろん、サブカルチャーの街「吉祥寺」には、ユニークな「古書店」がたくさんありますので、順にご紹介していきます。

吉祥寺の古書店「古本センター」

古本センター引用:古本センター

「吉祥寺」駅の南口(公園口)を出て、パークロードを右へ少し歩いたビルの1階に、どこか昭和レトロな雰囲気が漂う古書店「古本センター」があります。

創業35年の「古本センター」は、古本屋歴50年の店主の趣味で集められた、趣味系の本から写真集、画集、文庫本、古書漫画、アダルト本・DVDなど、幅広いジャンルの本や雑誌を取り扱っています。

入り口は狭いですが、奥はけっこう広くなっていて、本以外にも絵やフィギュア、さらに「これな何に使うの?」と首を捻りたくなるような謎のグッズなどが、所狭しと並べられています。

文庫本や写真集、漫画本、アダルト本・DVDなどの買取りも行っていて、「楳図かずお」「つげ義春」「諸星大二郎」「大友克洋」などの作品は、特に高価で買い取ってもらえるとのこと。

店外の処分棚には「50円」の値付けがされたものもあったりするので、掘り出し物探しには絶好の穴場です。

住所東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-2 大竹ビル1F
交通アクセス「吉祥寺」駅から徒歩1分
電話番号0422-47-0727
営業時間11:00~22:30
休業日年末年始のみ

吉祥寺の古書店「百年」

百年
引用:百年

「吉祥寺」駅から徒歩4分、「昭和通り」の雑居ビルの2Fにある「百年」は、流通量の少ない本や、表紙を見ただけでちょっと気になる本など、店主のこだわりの一冊に出会える本屋さんです。

期間限定のユニークなイベントなども実施されていて、本を探す以外にも色々な出会いに巡り合えそうな、ワクワクするスペースです。

OLD/NEWSELECTBOOKSHOP「百年」コンセプト
コミュニケーションする本屋でありたい。
何も話をしようというんじゃなくて、いやもちろん話をしたっていいのだけどそれは少し野暮な気がするから、本を買って売ってという関係を築きたい。そんなのあたりまえじゃないか?と言われるかもしれないが、その間に「誠実」さを介在させたい。
売ることの誠実さは、ある本を評価し値段を決定するということに対しての責任を持つことであり、買うことの誠実さは、傲慢かもしれないがその価格に対して納得し購入することだ。(古本屋にとってそのバランスこそが一番大事でおもしろいところ。)古本屋に限ったことじゃないけど、こういったことを感じる機会が減ったように思う。「誠実」さがあれば、日々の生活がわずかかもしれないけど豊かになると信じている。
少し面倒かもしれないけれど、電車に乗って自転車に乗って歩いて、街の空気を感じながら、百年に来てほしい。雑多な棚から目当ての本を探してもいいし、今日の晩飯何にしようかなと考えながら近所のスーパーで買い物するように物色してほしい。「歴史」からこぼれ落ちてしまった本や欲しかった本を発見してほしい。もし出会ったのなら嬉しいし、なかったのなら次来たときに満足させたいと思う。こんななんでもないことが大事なように思う。

引用:百年

住所東京都武蔵野市吉祥寺本町2-2-10 村田ビル2F
交通アクセス「吉祥寺」駅から徒歩4分
電話番号0422-27-6885
営業時間12:00~20:00
休業日火曜日

吉祥寺の古書店「一日」

一日引用:一日

「吉祥寺」駅から徒歩3分の「一日」は、「百年」の姉妹店として2017年にオープンしたギャラリー併設の古本屋さんです。

アートブックを中心に取り扱っていて、ガレージスペースでは「300円均一」のお手頃な古本も展開。

「展示やイベントを積極的にやっていくことで、コミュニケーションしながら、背中を押せる場所にしたい」というコンセプトのショップなので、店内のギャラリースペースで作品の展示・販売もできます。

「写真、イラストレーション、絵画、立体、映像など、ジャンルは問わない」とのことなので、展示・販売スペースを探している方は、ぜひご相談してみてください。

住所東京都武蔵野市吉祥寺本町2-1-3 石上ビル1F
交通アクセス「吉祥寺」駅から徒歩3分
電話番号0422-27-5990
営業時間12:00~19:00
休業日火曜日・水曜日

吉祥寺の古書店「外口書店」

外口書店

「吉祥寺」駅北口ロータリーから『サンロード』に入り、50mほど北に向かった右側にある「外口書店」は、古くからある街の古本屋さんです。

店頭には「200円均一」の文庫本が入った木製ワゴンが置かれていて、左側には「100円均一」の本棚があり、どちらも商店街を歩く方の足を止めています。

ビジネス関連の充実が特長的で、左側の壁には大量の経済・経営・仕事本から始まり、全集・国際社会・科学・宗教・辞書・語学・歴史・風俗・建築・芸術の本が並んでいます。

向かいには、新書・ハーレクイン・ノベルス・岩波やちくまなどの教養系文庫・時代劇文庫、帳場の下には東洋文庫、後ろの壁には写真集や大判本、右壁棚に文学評論・探偵小説・日本文学・思想・文化・海外文学・最近刊日本文学・ノンフィクション・サブカル・趣味・実用と、入口に向かって並んでいます。

住所東京都武蔵野市吉祥寺本町1-14-1
交通アクセス「吉祥寺」駅から徒歩2分
電話番号0422-22-5223
営業時間10:00~20:15
休業日火曜日(不定休)

吉祥寺の古書店「Book Mansion」

ブックマンション引用:ブックマンション

「吉祥寺」駅から徒歩5分の「Book Mansion(ブックマンション)」は、2019年7月にオープン。

三鷹市で無人古本屋「BOOK ROAD」を運営する店主の中西功さんが、「本屋をシェアする文化の発信基地を作りたい」という想いで立ち上げたお店です。

お店を立ち上げるにあたってはクラウドファンディングで支援金を募り、目標金額を超えた「支援総額575万6千円」が集まったそうです。

店内には「31cm×31cm」の貸し本棚が150ほど並んでいて、この貸し本棚の一つ一つが、ユーザーが出店する小さな本屋さんになっています。

本棚は月ごとに利用料が固定でかかり、販売する本も本につける値段も出店者自身で決められます。

「ブックマンション」では店番もシェアしており、出店者は月に1回程度、店頭に立つことができます。

自分でも棚を持ってみたくなった方もいらっしゃると思いますが、残念ながら本棚の枠は現在すべて完売しており、追加募集はしていないそうです。

住所東京都武蔵野市吉祥寺本町2-13-1 吉祥寺×4ビル
交通アクセス「吉祥寺」駅から徒歩5分
営業時間11:00~19:00
休業日火曜日

吉祥寺の古書店「藤井書店」

藤井書店引用:東京都古書籍商業協同組合 中央線支部

サンロードを抜けた先、五日市街道沿いにある「藤井書店」は、神田の「巌松堂」で修行した創業者が戦後開いた、創業60年の古本屋さんです。

取り扱い分野は、「歴史」「社会科学」「美術工芸」「趣味」「サブカルチャー」など、オールジャンルの品揃えですが、「映画」「音楽」などの「趣味」の本が売れ筋で、都内を中心に「即売会」「ネット販売」などにも力を入れているそうです。

雑誌のバックナンバーや文庫の在庫も豊富で、道路沿いにある「100円均一」のワゴンが充実していて、人気を集めていました。

住所東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目11-20
交通アクセス「吉祥寺」駅から徒歩5分
電話番号0422-22-5043
営業時間10:30~20:30
休業日火曜日

吉祥寺の古書店「よみた屋」

よみた屋引用:よみた屋

「吉祥寺」駅の公園口(南口)から徒歩2分、井の頭通り沿いの「よみた屋」は、本好きのための気軽な古書店です。

「心理」「思想」「趣味」「アート」の古本が充実していて、この4分野については他店では出会えないものも数多く取り揃えているそうです。

店内に入ると、すぐに絵本のコーナーや、雑誌のバックナンバーの棚があり、奥に進むにつれて現代小説や大型の写真集、文庫本より小さい本など、新旧問わず様々な古書が迎えてくれます。

「哲学」「宗教」「精神世界」「思想哲学」の専門書・学術書の在庫も多く、昔の映画のチラシやCD、レジ前には古いピンバッチなどの本以外のものも色々と揃っています。

「おじいさんの本買います」がキャッチコピーの古書の買取には特に力を入れていて、「よみた屋」の公式サイトには、その熱い想いが記されています。

買取のご案内
よみた屋では本の買取を行っています。お店への持込、ご自宅への出張依頼ともに歓迎いたします。
特に、心理・思想・趣味・アートの本、専門的な本、古い本の買取を歓迎しています。
もし、1940年以前(要するに戦前です)のものがあれば、ためらわずよみた屋にご相談ください。ビラや美術商の売り立て目録、子供の雑誌など、意外なものが高価になることがあります。捨てる前に、ぜひお問い合わせください。明治・大正・戦前の本や雑誌があれば、捨てる前に当店にご相談ください。パンフレット・カタログ・チラシの類に至るまで、古いものであれば何でも興味があります。特に、現代の若い人たちは大正期のレトロなデザインを珍重しています。文学全集や辞典などよりも、趣味の雑誌やパンフレットなどに人気があります。古い時代の文化をこれからの世代のために残しましょう。
現在、「おじいさんの本買います」キャンペーンを実施しています。
古い資料が失われるのは、重大な文化的損失です。
どうか、捨てる前に「よみた屋」にご相談ください。

引用:よみた屋

住所東京都武蔵野市吉祥寺南町2-6-10
交通アクセス「吉祥寺」駅から徒歩2分
電話番号0422-43-6550
営業時間10:00~22:00
休業日なし(年末年始を除く)

吉祥寺の古書店「バサラ・ブックス」

バサラ・ブックス引用:バサラ・ブックス

「吉祥寺」駅から徒歩1分、パークロード沿いの「バサラ・ブックス」。

「面白い本を、安く、手軽に」をモットーとしていて、「【駅近】で【極狭】な実店舗では500円玉があれば、肉体的にも知的にも刺激的なアレやコレをお買い求めできます」とのこと。

大手の書店には置いてないようなサブカル系マニアックな本から、誰もが知っている名作、ミニコミ、CD、雑貨など、品揃えが豊富で、店を訪れるお客さんは老若男女を問わず様々な方が来ています。

「サブカルマンガ」「名作や絶版の文庫本」が特に人気なので、「ガロ系、初期エロ劇画、大友克洋や白山宣之などのニューウェーブ系などの漫画は常に高価買取りしております」と呼びかけていました。

住所東京都武蔵野市吉祥寺南町1丁目-5-2 吉祥寺サウスビル101
交通アクセス「吉祥寺」駅から徒歩1分(パークロード沿い)
電話番号0422-47-3764
営業時間13:00~23:30
休業日月曜日(月曜日が祝日の際は、翌火曜日が休み)

吉祥寺の古書店「メインテント」

メインテント引用:メインテント

「吉祥寺」駅から徒歩7分、東急裏「西二条通り」沿いの「メインテント」は絵本専門の古本屋です。

店の前では、「ライオネル&リッチー」という名前のライオンの親子が出迎えてくれて、「サーカス」をイメージした店内にも色々な住人(置物の人形など)がいて、「サーカスのテント」のような空間になっています。

本棚には、店主のフランソワバチスト氏が「本当は売りたくないなあ」という絵本や児童文学がズラリ並んでいて、子供の頃を思い出しながら本を探すことができます。

書籍の買取については、絵本や児童書など「子供が喜ぶものであれば何でもOK」とのことで、お子さんが成長して読まなくなってしまった本などがあれば、無駄にすることなく次の子供立ちに渡すことも可能です。

ライオネル&リッチー

ライオネル&リッチー

引用:メインテント

住所東京都武蔵野市吉祥寺本町2-7-3
交通アクセス「吉祥寺」駅から徒歩7分
電話番号0422-27-6064
営業時間【平日】10:30~17:00
【休日】10:30~19:00
休業日水曜日

吉祥寺の古書店「古書 防破堤」

古書 防破堤引用:古書 防破堤

「吉祥寺」駅から徒歩6分、「中道通り」沿いの「古書 防破堤」は、2020年1月にオープンした古書店です。

「文学」「思想」「歴史」「音楽」「映画」「演劇」などの書籍に加えて、CD・レコードやDVD・Blu-rayなどのソフトまで幅広く取り扱っていて、月に1回、読書会を開催しているそうです。

店内は正方形に近い形で、入って右にレジがあり、帳場の前には「均一本」、扉のある側の一辺が「文学」棚、レジと向かい合う一辺が「人文系学術書」や「芸術」「サブカル」などの棚となっているようです。

なお、店名は「防波堤」ではなく「防破堤」なので、ご注意ください。

住所東京都武蔵野市吉祥寺本町2-25-7 中山ビル201
交通アクセス「吉祥寺」駅から徒歩6分(「中道通り」沿い)
電話番号0422-57-3270
営業時間12:00~19:00(当面の間)
休業日木曜日

吉祥寺の古書店「book obscura」

book obscura引用:book obscura

「吉祥寺」駅から「井の頭公園」を抜けた先に、ひっそりと佇んでいる「book obscura(ブック・オブスキュラ)」は、写真集を専門に取り扱っている古書店です。

日本のものだけでなく海外の書籍の取り扱いも行っていて、「ユニークな一冊に出会える」と写真好きのマニアたちから人気を集めているそうです。

一見レトロな外観ですが、店内は洗練されたおしゃれな空間で、「ゆっくりと写真を見てほしい」という店主の想いを表現するように、お店の中央には大きな机があり、国内外の様々な写真集が展示されています。

「写真展」や「トークイベント」なども開催され、自社刊行の出版物の編集・制作も行っているそうです。

住所東京都三鷹市井の頭4-21-5
交通アクセス「吉祥寺」駅から徒歩10分
電話番号0422-26-9707
営業時間12:00~20:00
休業日火・水曜日

まとめ

いわゆる「街の古本屋さん」から、ユニークな「貸し本棚」システムの古書店やギャラリー併設のお洒落なスペースまで、同じ「古書店」でも「吉祥寺」にあるショップは、どれも個性的なお店ばかりですね。

他の繁華街と比べるとそれほど広いとはいえない「吉祥寺」の街に、「街の古本屋さん」から「写真集専門の古書店」まで、1回の記事では紹介しきれないほど多彩なショップがありました。

「吉祥寺」の街の文化レベルの高さに改めて驚かされた、今回の調査でした。

吉祥寺の「書店」6選]も併せてご覧いただければ、「吉祥寺」で本を探す楽しさを想像していただけるのではないでしょうか。

関連記事

  1. 【吉祥寺で買い物】駅ナカにできた新しい四歩(しっぽ)キラリナ吉祥…
  2. 【完全ガイド】吉祥寺『小ざさ』の「幻の羊羹」の購入方法をご紹介!…
  3. 吉祥寺周辺の古着・家具などおすすめのセレクトショップ5選!
  4. 【完全攻略ガイド】吉祥寺のレンタルベビーカー「ベビ吉」の使い方を…
  5. 吉祥寺らしい土産を紹介!洋菓子や和菓子を中心に8店舗紹介!
  6. コピス吉祥寺にある「サンキューマート」は掘り出し物だらけだった!…
  7. 吉祥寺の「書店」6選を紹介!
  8. Dracaena 吉祥寺の古着屋「ドラセナ(Dracaena)」は魅力や工夫が一杯…

新着記事

  1. 吉祥寺のゆっくり話せるカフェ「Ryumon Coffeestand」に行ってみた!
  2. 【吉祥寺・井の頭公園】chai break(チャイブレイク)で迎える朝
  3. 自宅で簡単に緑を育てるにはテラリウムス吉祥寺がおすすめ!
PAGE TOP